(8)達弥西心のわかりやすい話「組織」

達弥西心のわかりやすい話「組織」

●基本の「き」(77/97) - HMU 達弥西心

ですから基本的な考え方を一つ掴むことが、仕事を覚えることの一番のコツである、ということです。

●基本の「き」(76/97) - HMU 達弥西心

イチョウは、自分の一生が終わった時に、人に害を加えて倒れるのではなくて、ちょうどいい具合に倒れる、やはりおもいがある、うえのおもいがあるのです。イチョウだけが考えているのではないということです。

●基本の「き」(75/97) - HMU 達弥西心

基本の「き」というか、イチョウにもちゃんとこころがある。おもいがあるのです。

●基本の「き」(74/97) - HMU 達弥西心

あの時、私はすぐに手紙(倒木の小さな木片をお守りに、と)を出しましたが、そのようにしたようです。

●基本の「き」(73/97) - HMU 達弥西心

いま、それでお守り(大銀杏 木霊 小枝のお守り)を作って売っているようです。

●基本の「き」(72/97) - HMU 達弥西心

ということは、あのイチョウは本当に自分の一生を終えた、これで倒れようと思ったのです。これで終わりだよねと言ったのです。

●基本の「き」(71/97) - HMU 達弥西心

イチョウが倒れた時の状況をレポートしていましたが、こんなに大きなイチョウが倒れたけど、他の木は何も傷つけず、鳥居も建物も傷つけず、ちょうど何もないところに狙ったように倒れた、誰にも影響を与えず、人にも影響を与えることなく、と言っていました。

●基本の「き」(70/97) - HMU 達弥西心

やはり根っこの元気だった部分から出た芽が、一番大きくなっているということでした。これからまた巨木になるには、また千年くらいかかるのでしょう。

●基本の「き」(69/97) - HMU 達弥西心

根っこだけは残して、それから芽が出てきたということでした。根っこを残したのと、根っこの一つ上を移植してそこに植えたのと、枝だけを別に植えたという三つの方法で再生をしているらしいのです。

●基本の「き」(68/97) - HMU 達弥西心

鎌倉の鶴岡八幡宮の大きな千何百年たったイチョウが倒れて、一年経ったというニュースをやっていました。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”