(8)達弥西心のわかりやすい話「組織」

達弥西心のわかりやすい話「組織」

●基本の「き」(47/97) - HMU 達弥西心

みんな従業員を見ているけれど、従業員そのものが目的ではないのです。従業員の向こうにいる主はどういう人なのかということを見るわけです。

●基本の「き」(46/97) - HMU 達弥西心

「うれしい新聞」はPR紙なのです。そうするとこの会社には何かあるぞと周りの人たちは思ってくれると思うのです。

●基本の「き」(45/97) - HMU 達弥西心

ですから「うれしい新聞」で、こう思ってやっています、とずっと伝えて説明してきたのです。

●基本の「き」(44/97) - HMU 達弥西心

私がなぜ「うれしい新聞」を「やのくに」で先行して出したかというと、思っていることをどんどん言っていかないと、みんな勝手に想像してしまい、私の思っていることにたどり着くのに時間がかかるからです。

●基本の「き」(43/97) - HMU 達弥西心

これをまとめると、天がいて、主がいて、そしてそこに人がいるのです。
その周りにいる人たちは、この主はどういう主なんだろうと見るのです。

●基本の「き」(42/97) - HMU 達弥西心

逆に言うと、そこにいる社員は主のために下支えが出来ているかどうか、ということです。

●基本の「き」(41/97) - HMU 達弥西心

その流れを完全にするためには、主は人に対してちゃんと教育しているか、しつけているか、動かしているか、という価値観しかないのです。

●基本の「き」(40/97) - HMU 達弥西心

天は誰を見ているかというと、会社で仕事をしている主を見ているのです。
主がちゃんと天の願った通りにやっているかどうか、主が天の下支えをしっかりとできているかどうか、を見ているのです。

●基本の「き」(39/97) - HMU 達弥西心

ということは、会社に入るということは、主の価値観の中で生きていくということになるわけです。

●基本の「き」(38/97) - HMU 達弥西心

そして社主は天のために仕事をしているのです。
天・主・人という順番が、ここで完全に一つ出来上がるのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”