「はい。喜んで」という返事を、日常生活の中であなたを必要としてくれているまわりの人たちに、気持ち良く返すことから始めることです。自分にとって多少不合理なことであっても、大勢に影響がないことであれば、にっこり笑って「はい。喜んで」と引き受けることです。

たとえば、背の高い人と話をするのに、相手にしゃがんでくれと求めるのではなく、自分が踏み台を持ってくるのです。背の低い人と話をするのに、相手に踏み台に乗れと求めるのではなく、自分の方がしゃがむのです。「はい、喜んで」と自分の方から素直に受け入れることです。できるだけはっきりと、明るく張りのある声で、「はい、喜んで」と返事をする訓練を心がけてください。