評価される時は密かに評価されて、うまくいかなかった時は外されるという、それも覚悟している人物でないとなかなかナンバー2という立場というのは難しいのではないかと思います。