だからむしろナンバー2というのは、上から一番、二番という感じではなくて、表と裏という、裏側のことをやるのがナンバー2だと私は思っています。