辞めてしまうと、もう私の範ちゅうではないから、それはどうぞという形になりますけど、いる限りはやっぱりきちんと叱らなければいけないということを言います。