そして今のこの仕事は自分で終わりではなく、後に続く人につなぐための仕事であるととらえることです。