その仕事を「かけがえのない仕事」に仕上げるのは、他の誰でもなく「かけがえのない存在」である、あなた自身なのです。