「ていねいに生きる」元を忘れないでていねいに生きる。