上を仰ぐその心が、決裁を仰ぐということなのです。