組織に所属したということは、自分の存在理由から出発して、ひとり一人が柱になるということです。柱は屋根を支えるという存在理由があります。