あの会場にいる人全部が同じことを思えるようになってくるわけです。たった一つに向かわせる、そうやって私は手を打っているわけです。ですから、どうでもいいわけではないということです。