主の念いというのは、なかなか深いところにあるから、掴めないかもしれません。