“やのくに”には、形はそれぞれいろいろありますが、その中にやはり一つの芯として、本当の自分基準の生き方が、貫かれなければいけないと思うのです。