リーダーがいてメンバーがいる。組織が大きくなると、どうしてもこのような方式を取らなければならない場面も出てきます。