それではなかなかわかり難いというので、真ん中に仲保者としての主というのが現れるわけです。
すると会社も、必ず主がいるのです。社主です。