その「ごめんなさい」は、ミスに対してのおわびのようですが、ミスしたそのこと自体ではなく、その前の、主とずれていたおもいを謝らせようとしたのです。