イチョウは、自分の一生が終わった時に、人に害を加えて倒れるのではなくて、ちょうどいい具合に倒れる、やはりおもいがある、うえのおもいがあるのです。イチョウだけが考えているのではないということです。