ですから、主は何をしなければいけないかと言うと、まずうえと繋がることに必死にならなければいけないのです。
そして、そういう必死なおもいで、下を教育しなければいけないということです。