見るべきところは、うえです。うえと離れずに行くことです。考える時に、こうやって考えておきさえすれば、ズレることはないのだけれど、すぐ横を見たりするのです。横とやるとうまくいかないのです。