言っていることがわかってもどのように答えたらよいかわからない場合は、答え方を事務所の誰かに聞くか、代わってもらうことで切り抜けられる。